当院の歴史

1Da_1072.jpg

1927年(昭和2年) 

初代院長である本保 喜久治が現在の自宅の地で開業しました。

1972年

2代目院長(現・名誉院長)である本保 健一が隣接地である現在の場所に診療所を移設しました。

1997年

3代目となる小島 真由美(旧姓 本保)が副院長に就任、親子2人による診療体制となりました。

2018年

小島 真由美が院長就任するにあたり、内装を大幅にリニューアルしました。